読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫好きな、きなこのアクアブログ

癒される水景をめざして

水草レイアウトゼミで洗礼を受ける(゚Д゚;)

アクアを愛する皆様、こんばんは

ご機嫌いかがでしょうか?

 

先日、An aquarium.さんにて放課後の水草レイアウトゼミに参加し、

たっぷりと洗礼を受けてまいりました(`・д´・;)ゴクリ

 

色々と濃すぎて書ききれませんが、そんな所まで考えてレイアウトを!てな感じで

目から鱗( ゚∀゚;)タラー  90分1コマだよ。

 

f:id:k1nako:20121110190941j:plain

授業開始前の水槽・・

 

f:id:k1nako:20121110191139j:plain

流木を使ったレイアウト。素材が運ばれます。

 

f:id:k1nako:20121111195809j:plain

60センチ水槽での実践

 

f:id:k1nako:20121111195833j:plain

続いて120センチ!

 

f:id:k1nako:20121111195905j:plain

組み上げ途中から~

 

f:id:k1nako:20121111195938j:plain

ものの10分ほどで1つの実践形態が・・

皆さんの真剣な表情。

講師のしとうさんの真剣な表情。

ちゃんと力のベクトルを意識しないとダメですよ、というお話。

 

このレイアウトにさらに手を加える際にも、この120センチ水槽に対して

約5センチ、えんぴつほどの細さの流木、1本加えるだけで表情が変わる。

 

でもこれはあくまで、流木を使って組み上げただけです。

それに加えて、

・レイアウトの骨組みは決まっているか?明確な目的は?

・ベクトルの意識

・陰と陽の使い方

・そのレイアウトで止水は出来ないか?水流の計算、

じゃあ止水が出来た場合、そこへの対処は? 

・水槽器具の設置に対して、対処出来ているか?

水草や、その他メンテナンスは出来るのか?

・魚種・水草は何が最適か?

・後手後手のレイアウトになっていないか? 

etc・・・

 

日本のレイアウターも頑張っていこうぜ!

このままじゃ世界に負けちゃうで。

そんな熱い思いに感動致しました(´;д;`)ウッ・・

 

情熱がなかったら、こんな素敵な講座、放課後に開かないですよ

泣ける!

 

 

 

 

f:id:k1nako:20121111200519j:plain

そんな真剣な講座の中にも、談笑は絶えずw

 

f:id:k1nako:20121111200754j:plain

その後、タイムトライアル大会に。

使える流木にも制限あり。時間は5分。

その5分に全てをかける。

追い込まれた中だからこそ気づくものがある。

 

参加者の方の顔ぶれを見てもADAコンテスト、プレート保持者の方から、

TOP200以内の方まで、すんげぇ顔ぶれ。

皆さんが師匠に見えた (つд⊂)ウエーン

f:id:k1nako:20121111201254j:plain

f:id:k1nako:20121111201313j:plain

 

個人的なアドバイスも色々頂き、、、

立ち上げ1ヵ月の私ですが、こりゃリセットやなと・・w

脳みそぶん殴られて帰ってきました |゚ェ゚;)ゴ――ン

 

f:id:k1nako:20121111201614j:plain

90分の濃密な授業が終わり、講師のしとうさんよりも、

『全然時間足りないね^^;』それが最後の感想でしたw

まさしく、足りませんw 奥深すぐる。。。

興奮しながら講座を終えました。

 

f:id:k1nako:20121111201824j:plain

限定のレイアウト集団CAUさんのレイアウト写真集などもゲットし、岐路に。

 

f:id:k1nako:20121111201920j:plain

そして来年のADAカレンダーも頂き! 濃密な夜となりました。

しとうさん、スタッフの皆様、重ねて御礼申し上げます。

 

次回は11月末 or 12月にも開催予定との事、

週末の夜で参加もしやすいと思います。

ブログをご覧になっている皆さんで、もしご参加出来そうな方いたら

当日お会いできるといいですねぇ^^

(行けそうな方、日にちが近くなったらコメント欄にでもこっそり教えて下さいねw)

文京区音羽でございます。

 

拙い私のブログですが、何か皆様のお役に立てれば幸いです。

お互い刺激し合って、楽しめたらいいですね^w^

本日は水草レイアウトゼミのお話でした!

 

↓ポチっと温かいご声援が励みです^^! よろしくね(*'∀`*)ニコ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ